レーシック手術

レーシックすると白内障手術ができなくなるってホント?


白内障に悩む老人

レーシックと白内障

レーシック経験者も手術はできる?

レーシックは角膜を削る手術、白内障は水晶体を人工レンズに交換する手術ですので、レーシックの施術を受けていても白内障の手術を受けることはできます。ただ、レーシック手術を受けたことによるリスクはあります。

ピントが合わない?

白内障手術では、曇った水晶体レンズを人工のレンズと取り換えます。

この時、どんなレンズでもいいわけではなく、それぞれの人の目に合わせて、このレンズの度数を変えるのですが、レーシック手術を受けた人は角膜のカーブが術前と変わっているため、このレンズの度数を正確に算出するのが難しいのです。

角膜の屈折率が変わりますので、通常の計算式で度数が割り出せないのがその原因です。このため、白内障で濁ったレンズの交換は簡単なのですが、その後のピントが合うかどうか、がレーシック手術を受けていると難しくなります。

白内障手術は、再手術は可能ですが、あまり推奨されませんので(目に負担がかかるため)、何度も手術を行うのも避けた方がいいでしょう。

白内障のリスクのために、データを取っておく

レーシック手術後の白内障手術は、人工レンズの度数を割り出すのが難しくなっています。
このリスクを少しでも減らすためには、「レーシック手術前」の目のデータをとって置く必要があります。これによって、度数を計算するための材料が増えますので、ピントがきちんと合う可能性が少し上がります。

特に、「角膜形状」「眼軸長」というデータを、術前に取っておくのが重要です。大きな病院などでレーシック手術を受けると、何も言わなくとも取っておいてくれるところもありますが、簡単な検査で施術を行うクリニックではそこまで検査を行わないことも多いため、リスクを減らすには、事前に眼科で目の検診を受けてデータを保存してもらうのがおすすめです。
 

白内障とは

ではここからは白内障とその手術について詳しく説明していきます。

白内障とは、目の中のレンズの役目をしている水晶体と呼ばれる部分が、長年紫外線に晒されることにより白く濁り、次第に見えにくくなる症状です。

程度が軽い場合はカスミ目として現れる程度ですが、重症の場合は視野が狭くなったり、完全に見えなくなり生活にも支障を及ぼすようになるのでそうなった場合には、自然には回復しないため手術が必要になります。

因みに白内障の主な原因は紫外線ですので、まだ若いからと言って夏の海や冬の山などでレジャーを楽しむ場合には、サングラスなどで紫外線を極力目に入れないことを意識することが大切です。

長年の紫外線に晒された結果、年齢がある程度過ぎてから症状がでることが多いため、加齢性白内障などと呼ばれることもあります。なお、紫外線だけでなく、糖尿病、目の怪我、放射線などでも白内障を発症する場合がありますので、若いのに見え方が気になる方は医師の診察を受けられた方がいいと思います。
 

白内障手術の準備

白内障と診断され手術が必要と判断されると、手術日の予約や注意点などを説明されることになりますが、他の外科手術同様に手術当日までの体調管理をしっかりとしておく必要があります。

風邪をひいたり、体調が悪いなどちょっとした体調変化が血圧などに影響し、手術が延期になったりすることもありますので、しっかりと健康管理をして万全の対英で臨みましょう。

まず、体調管理はまず第一ですが、手術当日に向けて薬が処方されることになります。おおよそ3日前程度から目の手術でばい菌による感染症リスクを減らすため、抗生物質の点眼を開始することになります。病院によっては事前に入院しこの処方をする場合もありますので、各病院に確認が必要です。

よく勘違いされるのが、目の手術と言うことで体はピンピンしているため、暇を持て余したりして読書をしようとか考えてしまいますが、目を動かしたりすることは、手術後の回復にはいい影響を与えません。じっとしていることになりますので音楽を聞いたり、日ごろの疲れを癒すと言う気でひたすら寝るなど、遊ぶことは諦めた方がいいです。
 

白内障手術の進め方

手術当日は手術の光景が見えてしまうため、怖いと思うかも知れませんがメスなどの器具はボヤけて見えませんので始まってしまえば恐怖心も薄れて行きます。麻酔も効いているため手術している感覚も忘れてしまうほどです。

では手術の流れについて述べて行きます。

① まず目に麻酔薬を点眼し麻酔が効くのを待ちます。
② 手術室に入り血圧計、心拍計などを付けます。(手術中の体調変化を感じるためです)
③ まぶたを固定するための器具を付けます。開瞼器と呼ばれるものですが麻酔が効いているため痛くありません。
④ 目の角膜を切開し、濁った水晶体を取り出せるようにします。
⑤ 水晶体を超音波で砕いて吸い出します。(現在ではこの方法が一般的です)
⑥ 水晶体を吸いだした後、人工のレンズを入れ、切開した部分を閉じます。(糸で縫合することは出来ませんのでキズが開かないようにする程度になります)
⑦ 眼帯などで目を保護して手術は終了です。
  麻酔が完全に切れるまで2時間程度掛かりますが、体調に違和感などがある場合は看護師などに言うようにしてください。
 

術後の生活

手術をしてから病院によっては1日もしくは2日程度経過観察と言うことで入院することになります。因みに最近は日帰り手術が増えてきていますが、急な体調変化などの場合速やかな対応が出来ませんので、持病などがあり心配な方は入院された方が安心かと思います。

私の通った病院では片目を手術した後、1日入院し経過観察。退院して1週間ほど様子を見て問題が無ければ、もう片方の手術をするといった形で進めました。私も高血圧の持病があったため念のため入院しましたが、ちょっと術後に目の痛みがあったため直ぐに対処してもらい安心出来ました。

何か起こってから救急車などを呼んだりするのでは、手遅れになる場合もありますので一考されたほうがいいと思います。

これから超高齢化社会になり、もっと白内障患者も増えると思いますので、いろいろ心得ておいて損は無いと思います。気構えと言う意味でご参考まで。