フェイキックIOL体験談!品川近視クリニックでの感想【失敗リスクは少ない?】


レーシックが受けられない方をはじめとして、フェイキックIOLという視力回復施術を受けることが増えています。

フェイキックIOLは角膜を削らない視力回復法として有名ですが、具体的にその特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

フェイキックIOLの特徴

フェイキックIOLとは眼内コンタクトレンズをとも呼ばれており、名前のとおり目の中に人工的に作られたコンタクトレンズを挿入することによって視力を回復させる矯正方法です。

その為、角膜を手術することによって視力を回復させるレーシックとは根本的に異なっており、フェイキックIOLはレーシックのように角膜を削ることなく視力を矯正するので合併症も少なく、一度挿入したレンズは睡眠中も外す必要はありません。

また、フェイキックIOLの大きな特徴として、他の視力矯正方法よりも幅広い矯正が可能ということです。

乱視や遠視だけでなく、強度の強い近視にも対応していますし、老眼に対しても遠近両用のフェイキックの手術を行うことで治療を行うことができます。
 
 

フェイキックIOL手術の流れ

診察後に点眼麻酔を点眼する。
強膜と角膜の境目を3mm切開する。
後房型レンズを挿入する。
虹彩と水晶体の間に後房型レンズを置いて調整、固定する。
最後に点眼し瞳孔を縮めて終了。

フェイキックIOL
(出典:フェイキックIOL|品川近視クリニック【公式】
 
 

フェイキックIOLのメリット

角膜を削る必要がない

フェイキックIOLの大きなメリットは、レーシック手術のように角膜を削る必要がないので合併症や後遺症が残り難いという点がです。

というのもレーシックの代表的な後遺症であるハロやグレアは角膜を削った事が原因として起きるものですので、角膜に手を加えないフェイキックIOLではハロやグレアの症状が出ることが少ないのです。

レンズは取り外し可能

その他のフェイキックIOLならではのメリットとしては、視力を回復した後に眼病に掛かってしまった時に、必要に応じて中のレンズを取り外せるという点があります。

その為、眼病を治療を行った上で再び挿入することも出来ますし、過矯正といって強く矯正をし過ぎてしまった時も、度数の合ったレンズへと入れ替える事も出来るのです。

レーシックできない人も施術可能

また、フェイキックIOLでは角膜を削らずに視力を回復させることができるので、今まで角膜の厚みが足りずレーシック手術を受けることが出来なかった人でも、フェイキックIOLによって視力を回復させる事が可能となります。
 
 

フェイキックIOLのデメリット

まだ症例数が少ない

フェイキックIOLのデメリットとしては、レーシックやコンタクトレンズと比較すると圧倒的に症例数が少ない事が挙げられます。

これはフェイキックIOLが近年になって日本でも認可が降りた新しい矯正方法だという事も原因の1つとなっています。

費用が高い

まだまだフェイキックIOLを導入しているクリニックの数も少なく、自由診療となっているので治療費も非常に高額となっている点もフェイキックIOLのデメリットです。

レンズが取り寄せになることも

また、フェイキックIOLに使用されるレンズは個人の度数や状態に合わせて作られるので、多くの場合では取り寄せとなり通常のレンズでは約1ヶ月、乱視や遠近両用となると1~3ヶ月ほどの期間が掛かってしまいます。
 
 

まとめ

フェイキックIOLはレーシックとは手術方法が全く異なる矯正方法です。

そのため、レーシックのように角膜を削ることに抵抗がある方や、角膜が薄くてレーシックが受けられない方にお勧めの治療法です。

また、フェイキックIOLに適応しやすい人は21歳~45歳位までで、強度近視や乱視にも対応しています。

年齢が区切られている理由としては45歳以上となると白内障などの病気が出現してきたり、老眼となってくるので、老眼に対応した遠近両用のレンズが必要となる場合があるからです。
 
 

品川近視クリニック体験談 フェイキックIOL[ダイさん]

男性ダイさん 20代男性 派遣社員

品川近視クリニックの東京院、術式:フェイキックIOL 後房型レンズICL 右目乱視、片目約33万円で計66万円程


チェック【良かった点】コンタクト生活を覚えていないほど、現在完璧に心地よい。

【微妙だった点】なし。

レーシックを決意し適応検査へ

仕事時間の性格上、コンタクトレンズをつける時間さえも惜しいと思い、品川近視クリニックでレーシック手術をしようと思いました。

東京院では待ち時間を含めて、適応検査には2~3時間ほどかかりました。

しかしクリニックの待合室は広く綺麗で、コーヒーサーバー、ウォーターサーバーが設置されており、雑誌もいくつか置いてあったので、退屈はしませんでした。

まずDNA検査をしました。この時点で、レーシックをしても問題のない体質かどうかをチェックされましたが、パスしました。

視力検査の後、眼球の硬さを測ったり、角膜の質を測ったりなど、7種類近くの適応検査項目がありました。目を開きっぱなしにしていないといけないことが辛かったですが、その場限りの我慢でした。

医師の説明でフェイキックIOLを知る

すべての適応検査が終わった後、カウンセラーからのカウンセリング、その後に医師と今後の手術についての診察がありました。

まず、カウンセラーとのカウンセリングですが、料金案内や、予算について聞かれました。

次に品川近視クリニックの医師との面談で、初めてフェイキックIOL(ICL)の手術についての話を聞きました。

曰く、私は目が悪すぎる為、レーシックをすると角膜を削りすぎてしまうとのことです。さらに、角膜を削った人ほどレーシックをした後は、視力が元に戻ってしまう恐れが多いということも、そこで初めて知りました。

フェイキックIOLを勧められる

どうしてもその日のうちに手術をしたい理由がないのであれば、フェイキックIOL(ICL)にしたほうがいいと勧められ、フェイキックIOLに興味を持ちました。

仮に問題が起こったとしても、フェイキックIOLの場合はレンズを外すのみであるため、リスクも小さいということでした。(角膜を削るレーシックに比べて)

フェイキックIOL(ICL)の手術は、自分専用の眼内コンタクトレンズを眼球に埋めるようなものです。少し迷いましたが、私はICLを受けることにしました。

その専用のコンタクトを特別発注するため、手術日は事前検査をした日から約2ヶ月後となりました。

フェイキックIOLの手術の感想

手術当日、5~6種類の点眼をしました。うち1つは麻酔点眼で、まさに手術という感じになりました。手術は予定通りの時刻に始まりました。執刀医と、アシスタントが3名ほどいました。

まず右目から、まつ毛をテープで貼られ、瞬きをしないような器具が目に付けられました。

麻酔を点眼したとはいえ、大変痛かったです。眼球にメリメリと異物が割り込んでくるような窮屈な感じがありました。

麻酔は目だけなので、手術器具の音が響きました。金属と金属がぶつかり合う音が怖かったです。

片目につき10~15分で終わりました。準備等も含め、手術室には40分くらいいました。

手術後の禁止事項など

そのあとは、1時間ほど休憩(睡眠)をしていました。その日はそれで終わりで、目薬を3種類ほど、2~3時間おきにたくさん点眼するよう言われました。

専用のゴーグルをつけて帰りました。2、3日は絶対安静、1週間顔から上のシャワーは禁止です。

安静中でも、目はとても痛かったです。ジンジンしました。ずっと眠っていたかったです。

手術失敗とはなりたくなかったので、言い付けをすべて守り、点眼も欠かさずしました。

一週間後の検診

一週間たってもまだ目の奥がジンジンと痛かったです。夜、暗いところでの蛍光灯や信号機の光が通常よりもはじけて見える(ハローグレア現象)のがおさまらず、不安でした。

一週間後の検診では、それはそのうち治ってくるといわれ、引き続き3種類の、同じ点眼薬を貰いました。

そのあとは手厚く1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後と、定期的に検診があり、何か不安があれば問題を解決してもらったり、点眼薬を追加で貰いました。

1年後の感想

現在、約1年経ちますが、まったく煩わしいことはなく、手術をしたことさえ忘れてしまうほど快適な生活です。

右目: 施術前0.03→ 施術後1.2
左目: 施術前0.04→ 施術後1.2

コンタクトをつけたりはずしていたこと生活も思い出せないくらいです。

手術費用は高かったですが、コンタクトレンズを10年間使い続ければ、だいたい60万円になるという計算だったこと、ローンの分割手数料がかからない契約もあったため、この高額な手術を決意しました。

フェイキックIOLをやって本当に良かったと思っています。

週刊誌などで品川近視クリニックが裁判沙汰になっていることが残念なほどです。

ダイさんが受けたフェイキックIOLの詳細へ

品川近視レーシックの検査予約へ
公式サイト右上の【無料検査予約】からWEB予約が可能。希望の日時等を選択して送信で完了

品川近視クリニックのWEB申込み場所

 

TOPへ