レーシックの職業制限に注意【※影響のある仕事や就職先】


視力が悪いと就けない職業のためにレーシックを受けたり、その逆にレーシックではつけない職業はあります。
例えば、どのような職業がそれに当たるのでしょうか?
 

視力を必要とする仕事

矯正視力、というのはコンタクトや眼鏡をかけた状態での視力のことです。

警察官

裸眼視力が両目とも0.6以上、あるいは矯正視力が1.0以上

自衛官

裸眼視力が両目とも0.6以上、あるいは矯正視力が0.8以上

消防士

裸眼、もしくは矯正視力が両目で0.7以上(東京消防庁)
※各消防本部で基準が異なります

パイロット

矯正視力1.2以上

騎手

裸眼視力が両目とも0.6以上

競艇選手

裸眼視力が両目とも0.8以上

警察官や自衛官、パイロットはコンタクトレンズや眼鏡での矯正が可能です。しかし警察官や自衛官、消防士は咄嗟の反応や即時の行動が必要とされる職業でもあります。

レーシックにすれば眼鏡やコンタクトが必要となくなるということで、こうした職業に対して「職業割引」を行っているレーシックのクリニックもあります。

騎手や競艇選手は、裸眼視力が条件になっていますが、レーシックは認められています。しかし落馬などで衝撃が加わりやすい職業ですので、通常のレーシックではなく、フラップが丈夫なLASEKなどの矯正を検討した方がいいでしょう。
 

レーシック不可の職業

フラップの強度の関係で、格闘や激しい体当たりが生じるスポーツの選手はレーシックには不向きと言われています。
しかし、LASEKなど、丈夫なフラップの施術を受けてプロ活動を続けている選手も数多くいます。

パイロット

パイロットはコンタクトレンズや眼鏡での矯正視力が認められていますが、レーシックは不可となっており、レーシック手術を受けるとパイロット免許は交付されません。

これは日本の条件で、例えばアメリカではレーシックの手術を受けていてもパイロットになることができます。

日本では、レーシックの視力は持続性がない可能性があるとされており、また高度の高いところやGの強いところで視力が失われる可能性があるということで、現在は認められていません。今後、緩和される可能性はあります。

宇宙飛行士

「宇宙飛行士はレーシックが駄目」とは昔言われていましたが、NASAは手法の条件付きで、レーシック手術を認めています。
 

TOPへ