レーシック手術

レーシックの年齢制限!何歳から受けられる?


レーシックが出来るのは20歳以上が多い

クリニックスタッフまず、年齢制限の下限としては多くのクリニックが20歳以上であることを条件として設定しています。また一部では、18歳以上が手術を受けられるかわりに、未成年には保護者の同意を得ることが条件に加えられています。

このように、低年齢のレーシック手術を受けられないようにしているのは、若いうちはまだ体の成長に合わせて目も成長・変化を続けているからです。眼球の形は外から見えないだけで、成長に伴って奥に伸びるような成長をします。これによって若年層では、年齢と共に近視が進行しやすいのです。

では、クリニックごとの年齢制限を見てみましょう。
 

品川近視クリニック

当院では年齢制限として、18歳以上、65歳以下の方を対象としています。66歳以上の方ですと、視力の回復力が低下しており、白内障を発症している可能性もある為、施術をお勧めしていません。尚、白内障の施術を既に受けられており、近視や乱視が出てきている場合にはレーシック治療をお受け頂ける場合もありますので、該当する場合は検査へお越し下さい。
18歳未満の方は、まだ眼の成長段階にあり、視力が安定していない為、施術を行うことができません。また、未成年の方の場合は保護者の同意書が必要となりますので予めご了承下さい。
※リーディングアイ・プラス(老眼治療)は、40歳以上の方から対象になります。(品川近視クリニックHPより)

 

K眼科の方針では上限がやや低め

手術は18歳から60歳までの方を対象としています。ただし、視力が必要な試験を受ける18歳未満の方や、高齢の方でも眼に問題がなければ手術を行う場合もあります。
(競馬の騎手、競艇の選手、自衛隊生徒など受験年齢に制限がある場合は18歳に満たない場合でも手術を行うことがあります。)

 

Kクリニックでは上限は条件次第です

17歳以下の方は眼が成長の過程にあるため手術を受けることができません。18歳以上の方であれば、手術を受けることが可能です。
ただし、近視の度合、角膜の厚みなど厳正に検査を行い、成人の方以上に安全性を重視します。また、ご両親への説明・同意も受けた上で手術をさせていただいています。
適応年齢の上限については、制限はございません。60才以上の方でも手術の適応条件を満たしていれば手術を受けていただけます。

 

子供はレーシックが受けられない
 

成長過程で角膜を削っても再度近視になる恐れが

レーシックは角膜を削る手術ですし、角膜を後から厚くするという方法は存在しません。もしまだ目の成長が止まっていないうちに角膜を削ってしまっても、目全体の成長に合わせて再び近視が進行する可能性があります。

そこで再手術をできるかどうかは残っている角膜の厚さによるのですが、そう何度も受けられる手術ではありませんので、成長理由で近視が進行している間はレーシックを受けて、そのときは良好でも後でデメリットが発生するおそれがあるということになります。
 

上限は60~70歳くらいか?

また、上限としては大体60~70歳に設定されていることが多いようです。こちらは、老化に伴い老眼が始まっていることが多いからです。老眼は遠視とは厳密には異なります。老眼が起こるのは、水晶体の弾性が老化により失われていくからなのです。すると、そうなるまでは見えていた近くのものにもピントが合いにくくなるのです。

レーシックでは、老眼の矯正はできなくはありませんが、適しているともいえません。ましてやレーシックが原因で、ますます見え方が悪くなることも考えられます。その他、白内障なども老化によって起こりますし、これはレーシックでは改善できない視界不良です。

結果的に、レーシック手術を受けている層は、20~30代の人々に多いとも言えます。
 

引用
■レーシックに年齢制限はありますか?

18歳以上の健康な人で、術前検査で問題がなければ誰でも手術を受けることができます。一般的には18歳までは成長過程にあるため、手術をするべきではなしといわれていますが、中には「競馬の騎手」プロゴルファー」「航空管制官」になりたいなど、職業選択の岐路に立った18歳未満の人が手術を希望されることもあります。

こういった場合には、保護者の同意と、本人の十分な理解と意志かあれば相談に乗ってくれる施設もあります。これまでの経験からは、若い人のほうが術後の回復や屈折力の変化への順応か早いので、よりよい結果が得られることが多いです。

一方、年齢の上限はありません。ただし、40歳以上の人ぱ目の調節能力か衰えているため、過剰に矯正すると日常の生活視力に影饗か出たり、老眼が進行することもあります。医師に相談し、矯正度数をよく考えた上で手術を受けましょう。

引用元: レーシックで失敗しない本(吉田憲次 著)